お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

ニュース

寄付する対象は一つじゃない! NPOの活動内容や種類、活動分野を知ろう

Pocket
LINEで送る

日本で活動しているNPOはどれくらいある?

NPOは、日本語に直すと「非営利団体」といいます。政府や自治体の支配に属さない民間の活動で、利益がある場合にも構成員に分配することなく、活動目的を充実させるための費用に充てる点が営利組織と異なるポイントです。利益の得られない分野やニッチな問題など、企業や政府もサポートしきれない問題をカバーするという大きな存在意義があります。また、組織という概念は、責任を持つ継続的な人の集まりという意味であり、この点は自発的な活動が中心のボランティア活動とは異なるといえるでしょう。NPO法人になるには申請や審査が必要ですが、2019年5月時点の法人認証数は51,589団体であり、改正法の施行された1998年度の23団体から急速に伸びています。

NPOの活動の種類はどれくらいある?

NPOの活動分野は何でもOKというものではなく、NPO法第2条で定められている20項目に該当する必要があります。スポーツ・まちづくりといった身近なことから、医療・福祉といった生命に関わること、文化・芸術・人権・平和など、多彩なジャンルがあり、柔軟に運用することも可能です。実際に、活動分野を20個全て定款に記載しているNPO法人も42団体みられます。また、活動場所の範囲は地元のみというものから全国規模、海外で行うものもあり、日本のNPOは世界のさまざまな地域で活躍しています。

社会貢献するNPOの活動を後押しするために

NPOがどんな理念のもと、どんな活動をしているかは外からは見えづらいことも多いかと思います。お宝エイドでは各NPOの概要はもちろん、ビジョン・ミッション・アクションを掲載しているので、どんな想いをもって活動をしているのかを深く知ることができます。

寄付できる団体

お宝エイドは、お手元の物品を寄付したい方と、それを必要としているNPO団体をつなぐ架け橋のような存在として誕生しました。もったいなくてなかなか捨てられないモノを、大切にしてくれる人の手に譲ることができ、しかも家をスッキリさせることもできます。一方、NPO団体は物品の受け入れをノウハウや人手なしでも開始することができ、活動をすぐに始められるというメリットが!「社会貢献をしてみたいけれど、何から始めたらいいか分からない」とお考えでしたら、まずはお手元に眠っている物品の寄付から始めませんか?

この記事を書いた人
KOBIT編集部:山崎 葉月 KOBIT公式サイト
執筆歴20年を超えるフリーライターで、2人の子供はすでに独立し、15歳になるビーグル犬と気ままな2人暮らし。初めてボランティアを行ったのは高校生の時で、老人介護施設での体験が現在の活動の基礎となった。マレーシアに5年在住していた経験から、日本以外の社会貢献にも精通している。
Pocket
LINEで送る

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND