お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

寄付のあれこれ

旅行券の使い方 未使用なら換金や支援寄付も!意外と多い使い道

#旅行券#金券の寄付

お祝いや贈り物でいただいた旅行券。ここ数年の新型コロナウイルスの影響もあって、すっかり存在を忘れて、タンスや引き出しに閉まったままになっていた方もいらっしゃるかもしれません。

最近になってようやく自由に旅行に行けるようになったため、旅行券を使おうと思ったけれど、「そう言えば有効期限は切れてない?」と不安に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、旅行券について、種類や有効期限などをおさらいし、意外と知らない方も多い、旅行以外の使い道もご紹介します。

旅行券とは?

旅行券は、旅行代理店によって発行され、その代理店での支払いに利用可能な商品券のことです。

この券を使って、旅行代理店で販売されているパッケージツアーやJRのチケット、新幹線の切符、飛行機のチケット、さらにはホテルや旅館の宿泊代金の支払いにも活用できます。

また、店頭での申し込みだけでなく、インターネットを通じての注文も可能です。

多くの企業が、商品券形式やカードタイプの旅行券を提供しており、贈り物としても人気があります。

券面にはメッセージを記入したり、カードタイプであれば写真を添えることも可能です。そのため、ギフトや記念品、様々なお祝いの際にもよく利用されています。

旅行券の種類

旅行券には様々な種類があり、必ずしも信販会社のように額面を保証する形で発行されるわけではありません。

旅行代理店や交通機関の会社ごとに、独自の特徴を持った旅行券が販売されており、発行している会社によって購入場所や利用方法が異なります。

現在では大きく分けると、旅行代理店、航空会社、鉄道会社の3つから旅行券が発行されていますので、それぞれどのような特徴があるか見ていきましょう。

旅行代理店が発行する旅行券

JTBや日本旅行などの旅行代理店から発行されている旅行券には、進物用のギフトカード型や商品券型があります。また、旅行の資金を自分で積み立てることができる積立商品も提供されています。

旅行券の利用方法としては、各旅行代理店でのツアー代金、JRの乗車券、新幹線のチケット、飛行機のチケット、ホテルや旅館の宿泊費の支払いに使用できます。

利用できる場所は、旅行券を発行した会社の店舗や、オンラインで商品を購入後、旅行券を指定された窓口に郵送して決済する方法があります[1]。

航空会社が発行する旅行券

JALやANAなどの航空会社が発行する旅行券は、旅行代理店のものとは異なり、主に商品券型の進物用旅行券として提供されています。これらの航空会社も、旅行代理店と同様に旅行積立のサービスを取り扱っています。

また、航空会社の株主優待券も存在し、これは旅行券とは異なる特典ですが、購入方法や使用方法が独自のものとなっています。例えば、ANAの旅行券では、飛行機のチケット、パッケージツアー、提携ホテルやその内施設、ゴルフ場、免税店などでの利用が可能です[2]。

ANAの旅行券の利用方法としては、国内線や国際線のカウンター、提携施設の窓口での利用ができます。また、インターネットを通じて予約を行い、その後にANA旅行券と送付書を指定の窓口に郵送することで決済することも可能です。

なお、JALの旅行積立は、2023年2月28日で新規の契約募集を終了しています。現在持っているJAL旅行券は、有効期限まで利用できます[3]。

鉄道会社が発行する旅行券

JRや阪急電鉄などの私鉄各社も旅行券を発行しています。ここではJRを例にご紹介します。

J R東日本では2020年4月30日まで「JR東日本旅行券」を発行していましたが、現在は「びゅう商品券」という形で、旅行商品や乗車券だけでなく、JR東日本グループの駅ビル(アトレ、ルミネ等)・ホテル、全国のJTBや、百貨店、家電量販店など、様々な場所で使える商品券に統一されました[4]。

旅行券に有効期限はある?

旅行券の種類 有効期限
JTB旅行券 なし
近畿日本ツーリスト なし
びゅう商品券(JR) なし
たびだちハイレジャーギフト券(阪急交通社) なし
ANA旅行券 発行より5年
JAL旅行券 発行年度末より10年

※ 上記は2023年11月までに発行された旅行券に関する情報です。最新情報は各企業のホームページ等をご確認ください。

各旅行券の有効期限ですが、旅行代理店と鉄道会社が発行する旅行券には、基本的に有効期限はありませんので、過去にお祝いや記念品でもらったものでも利用ができます。

一方、航空会社が発行する旅行券は有効期限があり、ANAは5年とやや短くなっていますので、旅行券の裏面に記載されている有効期限をまずは確認しましょう。

旅行券の使い道 未使用の旅行券は支援の力にもなる

このように旅行券は、旅行以外にも利用できるため、旅行の予定がない方は、この機会にその他の使い道を考えてみるのも良いかもしれません。

それでも使い道に困るという方は、換金や買取という方法もあります。また、お宝エイドでは、未使用の旅行券の価値を支援の力に変える活動を行っています。

あなたにとって使い道のない旅行券が、国内外の発展や様々な問題解決の一助になります。この機会に、ぜひお宝エイドの支援寄付を通じて、社会貢献につなげてみませんか。

● お宝エイドのワンポイント

本記事で紹介した「旅行券」をはじめ、お宝エイドでは様々な物品を通じたNPO団体の支援を行うことが出来ます。お宝エイドでは郵送いただいた「お宝」を換金し、ご指定いただいたNPO団体の活動原資として送り届けます。あなたもお宝エイドでの支援活動をはじめてみませんか。


寄付できる物品一覧を見る


支援先のNPO一覧をみる


寄付方法を見る


※もし、ご支援される際に「譲渡所得税」や「寄付金控除」についてご心配の場合は、ご支援される団体様までお問合せください。

KOBIT編集部:Fumi.T)

そもそもお宝エイドとは?


寄付先のNPOを調べる

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND