お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

支援先におすすめのNPO団体

音楽を通じて持続可能な社会に貢献する|支援先におすすめのNPOまとめ 2021年7月度

#音楽支援

Pocket
LINEで送る

「あの歌を口ずさめば不思議と元気になる」

「大事な節目の前には、必ずこの曲を聴く」

このように、あなたは音楽によって、感情が高まったり、気持ちを後押ししてもらうといった経験をお持ちではないでしょうか。

言い換えれば音楽とは、私たちの生活の様々な場面で、そっと心に寄り添ってくれる、そんな存在と言えるかもしれません。

今回は、この音楽という価値を再認識し、音楽を通じて支援活動を行っているNPO団体をご紹介していきながら「音楽×社会貢献」について考えていきたいと思います。

「音楽」は社会の様々な場所で人々の心に寄り添っている

音楽には「娯楽や芸術」としての表向きの価値がある一方で、社会で起きている様々な問題に対して「喜び」「励まし」「癒し」といった心に寄り添う価値も存在します。

音楽心理学の領域でも、音楽が人間に影響を及ぼす効果について様々な研究が行われていますが、心や身体にどれほどの影響を与えるのかという因果関係ははっきりとは解明されていません。

しかしながら、誰しも一度は音楽によって何かしら心を動かされる経験があるように、音楽は社会の様々な場面で私たちの心に寄り添ってくれるもの。一例としては、東日本大震災の復興など、みんなが一丸となって何かを乗り越える時には、ことさら音楽の存在を強く感じるものです。

音楽を通じて社会貢献活動を行うNPO

現在では、音楽を通じて様々な企業やNPO団体が社会貢献活動を行っています。ここでは、具体的にどのような取り組みを行っているのかを知るきっかけとして、3つのNPO団体をご紹介させていただきます。

NPO法人 一期JAM

西アフリカの伝統的打楽器である「ジャンベ」の魅力や特徴を通じて日本社会に貢献したいという思いをきっかけから、2013年12月に設立されたNPO団体です。

現在ではジャンベを中心に、音楽を通じてアフリカ文化の魅力を伝えながら、子ども、障がい者、高齢者、ひきこもりの若者の社会復帰支援などを行っています。

また、事務所のある大田区下丸子商店街と連携した地域活性化や子ども食堂「いちご食堂」も定期的に開催し、地域共生活動にも貢献しています。

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

ピアノを通じて「人間力」を育てるという目的のもと、2021年で創立55周年を迎える歴史ある団体です。

毎年のべ45000組以上が参加するピアノコンクールの開催や音楽業界との架け橋、指導者の養成・スキルアップなど、ピアノを通じた人材育成や次世代を育てる活動を行っています。

認定NPO法人あっちこっち

東日本大震災の被災地支援としてカフェ・コンサートを開催したのをきっかけに、「アート・音楽・ダンス」といった芸術を通じた社会貢献活動を行うNPO団体です。

音楽を通じた活動としては、介護施設での出張カフェ・コンサート事業、オーストラリアとの国際交流事業など、国内外問わず音楽を通じて人と人をつなぐ活動を行っています。

音楽による社会貢献への後押しを「支援の力」で

同じ言葉でも、ただ耳にするのと音楽にのせて耳にするのでは、不思議と受け取リ方も違うもの。そんな心に寄り添ってくれる音楽によって、私たちは救われたり、人とのつながりを持てたりする場面がたくさんあります。

私たち個人が音楽を通じて社会貢献へとつなげていくことは難しいかもしれませんが、今回ご紹介したNPO団体の活動支援を行うことで、音楽による社会貢献の輪を広げていくことはできます。

お宝エイドでは自宅に眠っている様々な物品を換金し、NPO団体の活動原資として送り届ける活動をしています。 あなたもこの機会に、役目を終えた物に「支援」という新たな価値を与え、音楽による社会貢献をはじめてみてはいかがでしょうか。

寄付できる物品一覧を見る

支援先のNPO一覧をみる

寄付方法を見る

※もし、ご支援される際に「譲渡所得税」や「寄付金控除」についてご心配の場合は、ご支援される団体様までお問い合わせください。
Pocket
LINEで送る

そもそもお宝エイドとは?


寄付先のNPOを調べる

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND