お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

寄付のあれこれ

「マリリン・モンロー」で知られるアンディ・ウォーホルの作品価値とは

#アートの寄付#アンディ・ウォーホル#絵画#絵画の寄付

Pocket
LINEで送る

2022年5月9日、20世紀の作品史上最高額の1億9500万ドル(約254億円)で、マリリン・モンローのシルクスクリーン作品がオークションで落札されたことでも記憶に新しいアーティスト、アンディ・ウォーホル。

今回は「ポップアートの巨匠」と言われた彼の人生を紐解きながら、その作品価値に迫ります。

ポップアートを生み出したアンディ・ウォーホルという人物

1928年8月6日、チェコスロバキアの小さな村で生まれたアンディ・ウォーホル。

幼少期は虚弱体質や疾患に悩まされ、ひきこもりの生活をおくりがちだったが、その時期に絵を書く機会を得たことで、彼の芸術的なアイデンティティの基盤ができたと、後にウォーホルは語っています。

美術の世界を目指すべく、カーネギー工科大学(現在のカーネギーメロン大学)に進学した彼は、商業美術と出会い、その魅力にとりつかれたことをきっかけにポップアーティストへの道へと進んでいきます。

ポップアートとは、第二次世界大戦後の先進国の大量生産・大量消費の社会を表現する芸術運動として、1950年代半ばにイギリスで誕生したと言われていますが、ポップアートの本格的な確立は、ウォーホルが33歳の1961年に初個展でキャンベルのスープ缶を用いた作品を展示した時だという意見もあります。

以降、ウォーホルはシルクスクリーンを用いて作品を量産するようになり、当時の著名人の肖像画や新聞を騒がせる報道写真など、大衆的で話題に富んだ様々な作品を大量生産し続けました。

同時に、自前のスタジオである「ファクトリー」を構えて、映像作品も精力的に手掛け、全米で大ヒットした「チェルシー・ガールズ」をはじめ、生涯で60本を超える映画を製作したことでも知られています。

このように1960年~1980年にかけて、彼が芸術界に与えた影響と功績は非常に大きかったことから、1987年2月22日に58歳の若さでこの世を去って以降も「ポップアートの巨匠」として、世界的な評価を受け続けています。

アンディ・ウォーホルの作品の買取価値

ポップアートの旗手として高く評価されているアンディ・ウォーホル。

2014年には「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」[1]が東京・六本木の森美術館で開かれるなど、日本でも多くの愛好家がいることでも知られています。

彼の作品は生涯にわたって400点以上あると言われていますが、代表作には次のようなものがあります。

<アンディ・ウォーホルの代表作>

  • 毛沢東
  • 銀色の車の事故(Silver Car Crash)
  • ショット・セージブルー・マリリン
  • キャンベルのスープ缶
  • マリリン・モンロー
  • トリプル・エルビス
  • ドルサイン
  • シャネル N°5

冒頭でも触れましたが、2022年5月9日にマリリン・モンローの肖像画「ショット・セージブルー・マリリン(撃ち抜かれたマリリン)」が1億9500万ドル(約254億円)で落札されたことは日本でも大きく報じられたため、記憶に残っている方が多いのではないでしょうか。

その他にも、2011年1月11日には毛沢東の肖像画が30万2500ドル(約3300万円)、2013年11月には銀色の車の事故という作品が1億544万ドル(約110億円)で落札されるなど、数ある美術品の中でも非常に高値で取引されています。

代表作以外でも、平均すると数百万円から数千万円の買取価格がつく作品が多く、当時数十万円程度で購入したものが現在10倍以上の価値になっている作品も珍しくありません。

アンディ・ウォーホルの作品など。支援寄付で新たな価値を

このようにアンディ・ウォーホルの作品には、彼の死後30年以上が過ぎても高い価値があります。

ひょっとするとあなたが80~90年代に購入した絵画の中にも、ウォーホルの作品が眠っているかもしれませんので断捨離や生前整理の機会に、一度確認してみてはいかがでしょうか。

またその際に、価値が眠ったままになっている絵画の処分を検討する際は、その価値を必要としている方につなげていただければと思います。

お宝エイドでは、絵画をはじめ、お役目を終えた物品を通じて、支援の力に変える活動を行っています。

その一例として、2022年5月9日(月)〜6月12日(日)の期間中、あなたの人生と一緒に時を刻んできた腕時計を自然保護団体の活動原資として支援寄付することで、新たな価値へとつなげるキャンペーンを行っています。

腕時計下取りキャンペーン『不要な時計を自然保護に』 | NEWS | チックタック(TiCTAC)

こうしたあなたのご自宅に眠っている「お宝」を通じて、この機会に社会貢献活動へとつなげてみませんか。

● お宝エイドのワンポイント

本記事で紹介した「アンディ・ウォーホルの絵画」をはじめ、お宝エイドでは様々な物品を通じたNPO団体の支援を行うことが出来ます。お宝エイドでは郵送いただいた「お宝」を換金し、ご指定いただいたNPO団体の活動原資として送り届けます。あなたもお宝エイドでの支援活動をはじめてみませんか。


寄付できる物品一覧を見る


支援先のNPO一覧をみる


寄付方法を見る


※もし、ご支援される際に「譲渡所得税」や「寄付金控除」についてご心配の場合は、ご支援される団体様までお問合せください。

[1] アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 | 森美術館

KOBIT編集部:Fumi.T)

Pocket
LINEで送る

そもそもお宝エイドとは?


寄付先のNPOを調べる

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND