お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

社会課題

エシカルファッションとは?ファッションで持続可能な未来を紡ぐ

#SDGs#エシカルファッション#エシカル消費

2030年までの国際的な取り組みとしてSDGsが開始されて約8年。私たちの生活にもサステナブル(持続可能な)習慣が徐々に浸透しつつあります。

今回は、こうした取り組みの1つとして最近メディア等を通じて言葉が知られるようになってきた「エシカルファッション」について取り上げます。

エシカルファッションとは?

エシカルファッションという用語は、環境への負担を減らし、労働者を公正に扱うような倫理的消費を重視して作られた服飾品の総称です。

このファッションにおける具体的な取り組みとしては、農薬や化学肥料を使用しないオーガニックコットンの使用、動物の福祉を考慮して採取された毛皮や羽毛、生産者に公平な価格で取引されるフェアトレード、再利用や地域内での生産と消費を含む、「倫理的」な社会意識に基づくファッションが含まれます。

また、エシカルファッションと似た意味合いで「サステナブルファッション」という言葉も使われます。これらの言葉の間には明確な区別がなされていないものの、サステナブルファッションは主に環境への影響を軽減する側面が強調され、エシカルファッションは労働環境の改善や社会的な変化に対する取り組みを重視する傾向があるようです。

エシカルファッションの取り組み事例

現在では、エシカルファッションの理念に基づいて様々なブランドが商品の生産を行っていますが、具体的な一例として、私たちの生活に馴染み深いUNIQLO(ユニクロ)やGU(ジーユー)を展開するファーストリテイリングの取り組みをご紹介します[1]。

UNIQLOのエシカルファッション

ユニクロでは、リサイクルペットボトルから作られた再生ポリエステルを活用し、資源を効率的に使用しています。

例として、速乾性に優れた「ドライEXポロシャツ」では、布地の32%から75%にこの素材を使っています。また、2020年秋冬シーズンに登場した「ファーリーフリースフルジップジャケット」と「ファーリーフリースプルオーバー」も、30%が再生ポリエステルで作られています。

さらに、2022年に発売された「リサイクルダウンジャケット」に使われているダウンとフェザーは、顧客から集めた古いダウン製品から回収されたものです。

GUのエシカルファッション

ジーユーでは、環境に負荷の少ないジーンズづくりをめざし、

  • オゾンガス洗浄
  • ナノバブル洗浄
  • 耐用年数が長く、すり減らない人工石「エコストーン」

こうした設備や機材を導入して生産プロセスを見直すことで、従来と比較して、仕上げ加工時の水の使用量を最大96%削減することに成功しました。

現在では、ジーユーのすべてのジーンズづくりにこの加工方法を導入しているとされています。

ファッションだけではない。持続可能な未来に必要なエシカル消費の意識

こうしたエシカルな取り組みはファッション以外にも食料品でも注目されており、ここ最近の事例としては、記憶に新しい卵の高騰によってエシカル消費が注目されたことをご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

参考:エシカル消費とは?卵の高騰で注目される代替卵を例に考える

また、お宝エイドでも、エシカル消費につながる取り組みとして、ご自宅に眠る物品寄付を通じたNPOの活動支援を行っています。

お宝エイドでは様々な物品を通じたNPO団体の支援を行うことができます。お宝エイドでは郵送いただいた「お宝」を換金し、ご指定いただいたNPO団体の活動原資として送り届けます。あなたもお宝エイドでの支援活動をはじめてみませんか。

寄付できる物品一覧を見る

支援先のNPO一覧をみる

寄付方法を見る

※もし、ご支援される際に「譲渡所得税」や「寄付金控除」についてご心配の場合は、ご支援される団体様までお問い合わせください。

そもそもお宝エイドとは?


寄付先のNPOを調べる

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND