お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

寄付のあれこれ

サードオニキスとは?宝石の特徴と石言葉(宝石言葉)を紐解く

#サードオニキス#ジュエリーの寄付#宝石言葉#石言葉#誕生石

8月の誕生石としてご存知の方も多いサードオニキス(サードオニックスまたはサードオニクス)。オレンジや茶色、白色のマーブル状の見た目から和名では「紅縞瑪瑙(べにしまめのう)」と呼ばれています。

本記事では、サードオニキスの特徴や宝石に込められている石言葉(宝石言葉)をご紹介します。

サードオニキスはどんな宝石?

サードオニキスは、鉱物名カルセドニーの一種で、カーネリアンやレッドアゲート、赤天眼石(赤チベットメノウ)も同じ瑪瑙(アゲート)の仲間ですが、縞状模様のコントラストが特徴です。

名前の由来は、ギリシャ語で赤や茶色を指す「sard」、ラテン語で爪を意味する「onxy」を組み合わせたものが語源とされています。

サードオニキスの歴史は古く、古代ローマ時代には浮き彫りを施した装飾品のカメオ、日本でも出雲大社に祀られている御神体がサードオニキスからできているという説もあるなど、お守りやパワーストーンとして用いられてきました。

サードオニキスの石言葉 宝石に込められた意味とは

サードオニキスには、恋人や夫婦などパートナーシップを引き寄せてくれたり、絆を深めてくれたりする意味の石言葉がつけられています。

「幸せな結婚」「夫婦和合」「夫婦の幸福」「家族の繁栄」

サードオニキスの縞模様は男性と女性が融合を象徴するものとされ、縁結びの石として、さらに強力な保護するパワーを持つとされ、夫婦や家庭の絆を守ってくれる意味も込められています。

同じく古くから8月の誕生石に選ばれているペリドットとともに、サードオニキスには人と人との結びつきに力を与えている宝石として、ご夫婦やパートナーで大切にされてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

<関連記事>
8月の誕生石は何?意外と知られていない各宝石の特徴と意味・石言葉

お役目を果たした宝石に「支援の力」という新たな価値を

生まれ月の宝石全てには意味があり、その誕生石を身に着けていると幸せが訪れると現在まで語り継がれてきました。

もし、生前整理や断捨離をきっかけに、あなたがこれまで身に着けてきた宝石を手放そうと思っているならば、その宝石に込められた幸せと価値を次の方につなげてみてはいかがでしょうか。

お宝エイドでは、お役目を終えた物品を必要としている方へつなげるのと同時に、国内外で尽力しているNPOの支援寄付につなげる活動を行っています。

あなたがお持ちの「お宝」を通じて、この機会に社会貢献にもつなげてみませんか。

● お宝エイドのワンポイント

本記事で紹介した「宝石(ジュエリー)・アクセサリー」をはじめ、お宝エイドでは様々な物品を通じたNPO団体の支援を行うことが出来ます。お宝エイドでは郵送いただいた「お宝」を換金し、ご指定いただいたNPO団体の活動原資として送り届けます。あなたもお宝エイドでの支援活動をはじめてみませんか。


寄付できる物品一覧を見る


支援先のNPO一覧をみる


寄付方法を見る


※もし、ご支援される際に「譲渡所得税」や「寄付金控除」についてご心配の場合は、ご支援される団体様までお問合せください。

KOBIT編集部:Fumi.T)

<参考文献>
[1] 一般社団法人日本ジュエリー協会,「誕生石」,available at https://jja.ne.jp/aboutjewellery/aboutjewellery_inner04.html
[2] 全国宝石卸商協同組合,「誕生石の改定」,available at https://zho.or.jp/news/566/

そもそもお宝エイドとは?


寄付先のNPOを調べる

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND