お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

寄付のあれこれ

10月の誕生石「トルマリン」が持つ石言葉(宝石言葉)・意味

#ジュエリーの寄付#トルマリン#宝石言葉#石言葉#誕生石

オパールとともに10月の誕生石に選ばれている「トルマリン」。数ある宝石の中でも、多彩なカラーバリエーションがあることで知られています。

今回は、このトリマリンの特徴と石言葉(宝石言葉)・宝石に込められた意味をご紹介します。

全ての色が存在すると言われる「トルマリン」

トルマリンは、30種以上の鉱物種が含まれ多彩な色の輝きをする石として、シンハリ語でさまざまな色の石を表す「tourmali」からその名が由来していると言われています。

また、和名には「電気石」とつけられていますが、トルマリンは数ある鉱物の中で唯一、熱や圧力をかけると帯電する性質もあります。

存在しない色はないと言われるほどのトルマリンは、その多彩なカラーゆえに、色合いによって呼び名がつけられているのも特徴です[1][2]。

  • ルベライト:ルビーのような鮮やかな赤色
  • クロムトルマリン:エメラルドのような鮮やかなグリーン
  • パライバトルマリン:ネオンのような青い輝き
  • インディコライト:深い藍色
  • ウオーターメロントルマリン:結晶の中心部がピンク色で、それを取り囲むように緑色に囲まれたバイカラー

トルマリンの石言葉(宝石言葉)・意味

トルマリンが持つ石言葉(宝石言葉)には、このような言葉が存在します。

「無邪気」「寛大」「希望」「安楽」「心中の歓喜」「忍耐」

特徴でもお伝えしてきたように、トルマリンは、唯一無二の自分好みの色と出会えるのが、他の宝石にはない魅力です。言い換えると、身に着けることで素の自分らしさを発揮できるという意味が込められています。

また、複数の色を放つ石ゆえに、当初はトルマリンを発掘するのは容易ではなかったことから「忍耐(忍耐強さ)」を授けてくれる宝石という意味も持ち合わせています。

<関連記事>
10月の誕生石はなぜ2つある?宝石に込められた意味と石言葉

お役目を果たした宝石に「支援の力」という新たな価値を

生まれ月の宝石全てには意味があり、その誕生石を身に着けていると幸せが訪れると現在まで語り継がれてきました。

もし、生前整理や断捨離をきっかけに、あなたがこれまで身に着けてきた宝石を手放そうと思っているならば、その宝石に込められた幸せと価値を次の方につなげてみてはいかがでしょうか。

お宝エイドでは、お役目を終えた物品を必要としている方へつなげるのと同時に、国内外で尽力しているNPOの支援寄付につなげる活動を行っています。

あなたがお持ちの「お宝」を通じて、この機会に社会貢献にもつなげてみませんか。

● お宝エイドのワンポイント

本記事で紹介した「宝石(ジュエリー)・アクセサリー」をはじめ、お宝エイドでは様々な物品を通じたNPO団体の支援を行うことが出来ます。お宝エイドでは郵送いただいた「お宝」を換金し、ご指定いただいたNPO団体の活動原資として送り届けます。あなたもお宝エイドでの支援活動をはじめてみませんか。


寄付できる物品一覧を見る


支援先のNPO一覧をみる


寄付方法を見る


※もし、ご支援される際に「譲渡所得税」や「寄付金控除」についてご心配の場合は、ご支援される団体様までお問合せください。

KOBIT編集部:Fumi.T)

<参考文献>
[1] 一般社団法人日本ジュエリー協会,「誕生石」,available at https://jja.ne.jp/aboutjewellery/aboutjewellery_inner04.html
[2] 全国宝石卸商協同組合,「誕生石の改定」,available at https://zho.or.jp/news/566/

そもそもお宝エイドとは?


寄付先のNPOを調べる

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND