お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

ニュース

SDGs13「気候変動に具体的な対策を」がわかる映画・アニメ・小説3選

#SDGs#SDGs13

Pocket
LINEで送る

気温の上昇、台風や洪水被害の頻発など、気候変動による異常気象や大規模災害が相次いでいる日本。

この気候変動の問題は、日本だけでなく世界規模で深刻さが増しており、SDGs(持続可能な開発目標)においても13番目の目標として「気候変動に具体的な対策を」が掲げられ、解決に向けた取り組みが行われています。

そこで今回は、この世界的な気候変動の問題が私たちの生活にどのような影響を及ぼすのか。このことをより身近に感じるために、「気候変動」をテーマとした作品を紹介します。

これらの作品を通じて現状を理解し、今私たちができることを考えるきっかけとしていただけたらと思います。

SDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」に今取り組むべき理由とは

世界中で様々な自然災害をもたらしている気候変動の問題。

気候変動とは地球上で起こる様々な大気現象の動きのことを言いますが、この気候変動が起こる原因には、海洋、火山、太陽活動の「自然による要」と人間活動に伴う二酸化炭素の増加や森林破壊などの影響による「人為的な要因」の2つがあることがわかっています。

この内、現在問題となっている「地球温暖化」による気候変動は人為的な要因が大きく、環境省の調査によると、2071年~2100年の平均的な日本の気候は下記のように予測されており、その深刻さが懸念されています。

  • 6~8月の日平均気温は4.2 ℃、日最高気温は4.4 ℃上昇、降水量は19 %増加
  • 最高気温が30度以上の真夏日の日数は平均で約70日程度増加
  • 100 mm以上の豪雨日数も平均的に増加

(引用元:地球温暖化が日本に与える影響について-環境省[1])

こうした気温や降水量の増加は、干ばつや大洪水など大災害につながり、国際連合広報センターの「SDGs報告2020」によると、2018年には気候変動により起きた自然災害によって被災者が3900万人を上回ったという内容が公表され、その深刻度は悪化の一途を辿っているのが現状です。[2]

気候変動による生活への影響を身近に感じられるアニメ・映画・小説3選

人間の手によって引き起こしてしまった気候変動。その深刻さは増すばかりですが、私たちの生活にどのような影響を与えるのかについては、普段生活しているとなかなか感じにくいものです。

そこで、この気候変動の問題をより身近に感じられるアニメ・映画・小説の3つの作品をご紹介します。

天気の子

天気の子 公式サイト

2019年公開の新海誠監督による長編アニメーション作品。雨の止まない異常気象に見舞われた近未来の東京を舞台に、100%の晴れ女と言われる不思議な力を秘めた少女と、家出少年との交流を描いたストーリーです。

雨の止まない状況下において、私たちの生活環境はどのようになってしまうのか。

劇中では雨が3年降り続き東京の沿岸部は水没する様子が描かれていますが、地球温暖化が進めば決して絵空事ではない、そうした視点でご覧頂くことで、気候変動の深刻さに気づかされる作品です。

不都合な真実

不都合な真実(2006年)-Unext
不都合な真実2 放置された地球(2017年)-Unext

2006年に公開されたアメリカのドキュメンタリー映画で、10年後の2017年に続編が公開され再び話題となりました。

アル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領が主演し、政治的な側面も含めて気候変動問題のリアルな状況が収められています。

2作を通じてご覧頂くことで、地球温暖化によって10年後の環境はどのように変化したのか。数字だけでは分からない深刻な状況を肌で感じられる作品となっています。

アファンの森の物語

アファンの森の物語-Amazon

世界中の自然を観てきた環境保護活動家のC.W.ニコルが、日本の自然を守るために50年の歳月をかけて作り上げた理想の森「アファン」について書かれた実録記。

地球温暖化のみならず、普段意識して目を向けることが少ない「森」という存在が私たちにとってどれほど重要なのかを身近に感じさせてくれる作品です。

地球温暖化の対策で私たちができることはたくさんある

私たち人間の手で自ら引き起こしてしまった気候変動による自然災害。非常に深刻な問題であることは確かですが、人間が原因である以上、私たち一人ひとりの行動によって解決していくことが求められます。

現在SDGs13の達成目標に向けて、国や企業だけでなく、NPOをはじめとした民間団体も様々な取り組みを行っています。

一例として、森林保護を通じた地球温暖化対策の取り組みを行っているNPOだけでも、これだけの団体が活動しています。

二酸化炭素の排出を抑える努力は私たち個人でできることもたくさんありますが、こうしたNPO団体への支援寄付という方法で貢献することもできます。

お宝エイドでは、みなさんのご自宅に眠る「お宝」を換金し、ご指定いただいたNPO団体の活動原資として支援寄付を行っています。

あなたもお宝エイドを通じ、気候変動の問題へ取り組む第一歩をスタートしてみてはいかがでしょうか。

寄付できる物品一覧を見る

支援先のNPO一覧をみる

寄付方法を見る

※もし、ご支援される際に「譲渡所得税」や「寄付金控除」についてご心配の場合は、ご支援される団体様までお問い合わせください。

■SDGsをテーマにしたお宝エイドの記事一覧


▼SDGs1 貧困をなくそう
子どもの貧困への対策が必要?いま日本が抱えている問題とは
▼SDGs2 飢餓をゼロに
食糧危機は日本にも!食の大切さを再認識できる漫画・映画・小説3選
▼SDGs3 すべての人に健康と福祉を
SDGs 3「すべての人に健康と福祉を」を身近に感じられる小説・漫画・ドラマ3選
▼SDGs4 質の高い教育をみんなに
教育格差が広がる今。SDGs4の大切さがわかる映画・小説・漫画3選
▼SDGs5 ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダー平等をもっと身近に。SDGs5の大切さがわかる映画・漫画・小説3選
▼SDGs6 安全な水とトイレを世界中に
SDGs6と9「インフラ整備」の必要性がわかる漫画・映画・小説3選
▼SDGs7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
Coming soon!
▼SDGs8 働きがいも経済成長も
「働くこと」を改めて考える。SDGs8を身近に感じるための映画・漫画・小説3選
▼SDGs9 産業と技術革新の基盤をつくろう
SDGs6と9「インフラ整備」の必要性がわかる漫画・映画・小説3選
▼SDGs10 人や国の不平等をなくそう
SDGs10・不平等や差別の問題を身近に感じられる映画・漫画・小説3選
▼SDGs11 住み続けられるまちづくりを
Coming soon!
▼SDGs12 つくる責任 つかう責任
SDGs12にもつながる「食育」の大切がわかる映画・漫画・小説3選
▼SDGs13 気候変動に具体的な対策を
本記事
▼SDGs14 海の豊かさを守ろう
SDGs14「海の豊かさを守ろう」の大切がわかる映画・アニメ・小説3選
▼SDGs15 陸の豊かさも守ろう
SDGs15「陸の豊かさを守ろう」をより身近に感じられる物語3選
▼SDGs16 平和と公正をすべての人に
Coming soon!
▼SDGs17 パートナーシップで目標を達成しよう
Coming soon!

[1] 地球温暖化が日本に与える影響について-環境省

この記事を書いた人
KOBIT編集部:Fumi.T KOBIT公式サイト
飼い猫のさんごちゃん
広告営業のサラリーマン時代から一転、鹿児島県の離島に移住して10年。現在はWebフリーランスとして活動中。妻の無類の猫好きが高じて、先住猫と保護猫合わせて7匹を飼っている他、地域のTNR活動にもWeb担当として参画中。
Pocket
LINEで送る

そもそもお宝エイドとは?


寄付先のNPOを調べる

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND