お宝エイド

新着記事

NEW ENTRY

社会課題

SDGsが定める目標とは?よりより社会の実現のために抑えておきたいポイント

Pocket
LINEで送る

いま世界が目指す「持続開発可能な」社会

国際社会を見渡した時に「国際問題」「社会問題」とされる問題は数多く存在します。当事者だけでなく、ほかのう国々も一緒に解決していこうと2015年9月の国連サミットで設定された目標が「SDGs(エスディージーズ)」です。「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の頭文字を取ったもので、先進国だけが意見を押し付けるのではなく途上国の声も反映し世界が一丸となって達成すべき目標として誕生しました。

世界が目指す「SDGs」とは?

MDGSとの違い

実は、2000年に誕生した「MDGs(ミレニアム開発目標)」が達成期限を迎えたため、その意志を引き継ぎ新たに誕生したのが「SDGs」です。日本語では「エス・ディー・ジーズ」と読みますが、その大きな特徴は世界中全ての国家が対象になっているという点にあります。MDGSは主に発展途上国を対象としていましたが、問題はそれだけでは解決しないということが明白になった結果、生まれた進歩です。貧困や飢餓だけでなくエネルギーや環境についても触れており、実施手段についても先進国からの押しつけにならないよう多彩な意見を反映し、作られています。

SDGsが定める17の目標と169のターゲットとは?

SDGsの取り組みには、大きく分けて17の目標があり、それを達成するために169のターゲットを設定しています。貧困や教育など根本的な問題、産業やエネルギーについて、気候変動に平和など多岐に渡る目標があり、日本にも関係する項目も少なくありません。

問題意識と「SDGs」の目標を重ねることで見えてくる世界の様子

この時代では、このような活動に取り組むのは決して国に限らず、企業やNGO, NPOにまでその活動の幅は広がっています。SDGsの達成状況は日本も含め国別に見ることができるレポートもあるため、各国の状況をチェックしてみるのもオススメです。お宝エイドでは、手軽に誰もが始めることができる物品での寄付を提案しており、多くのNPOを支援しています。どんな選択肢があるのか、少し覗いてみませんか?

この記事を書いた人
KOBIT編集部:山崎 葉月 KOBIT公式サイト
執筆歴20年を超えるフリーライターで、2人の子供はすでに独立し、15歳になるビーグル犬と気ままな2人暮らし。初めてボランティアを行ったのは高校生の時で、老人介護施設での体験が現在の活動の基礎となった。マレーシアに5年在住していた経験から、日本以外の社会貢献にも精通している。
Pocket
LINEで送る

あわせて読みたいおすすめ記事

RECOMMEND